トップに戻る

小論目次
大石寺系教義批判関係
日蓮聖人は教主釈
尊の御使です
大石寺系の仏像
観批判
種脱勝劣につい
彼は脱、此れは種
なり
法華経と釈尊と
の軽重
法華経と釈尊と
の軽重。2
妙法五字と釈尊 大石寺系教団の
主張の誤り
日蓮本仏論文
証の検討
白法隠没の予言と
法華経
日蓮本仏論への
反論
日寛毒に当たっている
五字と法華経の
末法為正
神天上法門について 本尊問答抄は
一尊四士像を否定していない
   御本尊の相が
日蓮本仏の証?
 諸法実相抄
の解釈
 三大秘法抄は日蓮本仏の文証にならない
   本門釈尊為脇士の
訓じ方


二箇相承批判
配信文書の紹介
 
 板本尊は後世
の偽造
   「余は27年なり」
の文意
「教主釈尊より大事な行者」
の文意
 
 久成釈尊が根本教主仏
   『当体義鈔』に見る
「仏と法の関係」

読誦・書写訪謗法は祖意に反する 
 
身延御草庵の本尊
   (参考資料)
高橋智遍居士講演 
『日蓮本仏論批判
 聖人御難事
日興跡条条事
日興上人御伝草案
は板本尊の文証にならない
 立像釈尊像をめぐって
其の一。其の二
   
「題目を以て本尊とすべし」の意味


 開目抄には日蓮本仏義など無い  
宗学関係
折伏は必然的方
法であった
後生後報を認め
る仏教
十如是と五何法 供物は食べて貰
えるか
無量義経につい
廻向について 唱題の論理


成仏相について
の先師の説明
撰時抄の前代未聞
の大闘争
撰時抄の前代未
聞の大闘争2
始めの五百年と
それ以後
一仏二名論小考 一仏二名論小考2 経題あれこれ
無始仏の論理
日隆上人
無始仏の論理
日辰上人
無始仏の論理 
日什門流
無始仏の論理
啓蒙日講上人
無始仏の論理
日導・日輝上人
無始仏の論理.
山川博士・高橋
居士
山崎師の霊断師会
批判の問題点
天台・宗門先師
の九識観
山崎師の回答について
   如来蔵思想と日蓮
教学
 久遠本仏の
実在と日蓮教学
倶生神に関す
る質問について
   仏典の占相観

倶生神符について
再び倶生神をめぐって 
 
その他 エホバの証人(もの
みの塔)批判
あるキリスト教者
の仏教誤解
諸学者の大乗仏説
『般若心経は間
違い?』書評